仮想通貨で利益が出た時の確定申告

どのように確定申告をするのでしょう

確定申告する必要

会社員だと確定申告には馴染みがないかもしれません。
しかし会社員であっても確定申告が必要となる場合があります。

ひとつは給与以外の副収入が20万を超えた場合です。
これは該当する人も割といるのではないでしょうか。

給与以外というのは、フリマアプリ等での収入や投資による利益などです。
ここに仮想通貨の利益も含まれます。

他にも年収が2000万を超えた場合や、ギャンブルでの利益が50万以上出た場合なども確定申告の必要があります。

納税は義務です。
確定申告をする必要があるのに行わなかった場合や、納付期限がすぎた場合などは罰金もあります。

仮想通貨で取引をしている場合も、利益によってしっかり確定申告することを忘れずに。

確定申告の方法

会社員であれば所得税や市民税などは会社で処理されるので、自分で行う納税は固定資産税や車両税あたりでしょう。
自営業であっても税理士さんにお願いすれば、問題なく税金処理は出来るでしょう。

個人事業主の人は、自分で確定申告する必要があります。
確定申告には白色申告と青色申告があり、事業の規模などによって好きな方を選べる仕組みになっています。

仮想通貨による利益が出たら、会社員であっても確定申告をする必要があります。

確定申告というと、難しそうなイメージがあり重い腰が上がらないという人もいるのではないでしょうか。
確かに複雑ではありますが、会計ソフトなどを使えば初心者でも分かりやすく入力することが出来ます。

国税庁でも仮想通貨による所得の申告が簡単に出来るような環境を目指して協議がされています。