仮想通貨で利益が出た時の確定申告

仮想通貨に課税される場合

インターネット上で使用が可能で、かつ世界中で取引が出来る仮想通貨。
電子マネーなどとも全く違う形の通貨となっています。

仮想通貨で有名なのがブロックチェーンの技術が駆使されたビットコインです。
多くの投資家が以前より投資商品としての仮想通貨に注目しています。
ビットコインの投資で、多額の利益が出た話など耳にしたこともあるでしょう。
値動きが大きいため、FXなど他の投資から仮想通貨への投資へシフトチェンジする人も多いようです。

仮想通貨の特徴として、定額から投資が可能なところも人気の理由です。
手数料がかからない取引所もあり取引時間の制約もありません。

しかし、値動きが大きいということは、大きな利益を生む反面、大きな損失を出す可能性もあるということです。
簡単に取引出来るメリットもありますが、損失が出た時のデメリットも念頭におくことが必要でしょう。

私たちは物を買う時には消費税、所得に応じた所得税、市民税や固定資産税など、様々な税金を払っています。
会社員であれば、会社のほうで給与から税金の処理をしていますが、自営業や個人事業主などであれば年に一度確定申告の必要があります。
通常は、利益に対して課税率が変わってくるので、必要経費などの計算もしっかりして申告書の作成をするわけです。

では仮想通貨での利益には税金がかかるのでしょうか。
税率はどのようになっているのでしょう。

ここでは、仮想通貨にかかる税金について、確定申告の方法や課税されないケースも踏まえて確認していきます。

仮想通貨とは

仮想通貨の利益は、どのような所得区分になっているでしょう。 それによって税率も変わってくるのでしょうか。 仮想通貨ならではの税金の特徴はどんな部分なのか。 確定申告する場合を考えて、株や先物取引などと比較しながら仮想通貨の税率について見ていきます。

どのように確定申告をするのでしょう

仮想通貨で利益が出た時にはどのように確定申告をするのでしょう。 もともと確定申告をしている個人事業主や自営業以外の会社員などであってもその必要はあるのでしょうか。 仮想通貨の利益で確定申告が必要な場合を確認しましょう。 また確定申告の種類もみていきましょう。

仮想通貨はこれからどうなっていくのでしょうか

大きなブームとなった仮想通貨ですが、今後はどのような変化と遂げていくのでしょう。 これから税金面に関しても今とは変わる可能性もあります。 基本税金のかかってくる仮想通貨の、利益に対して税金がかかってこない場合も含め、今後注目したい仮想通貨のポイントは何でしょうか。